読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達は定期的に会わなければいけないという考え方

最近悩んでること。世の中には、友達=定期的に会うものだと考えてる人は一定数いるのだろうか。
そう思うのは個人の自由だし、特定の個人の悪口を書きたいわけではないけど、私は同意できない。どんなに好きな人でも、義務的に会う時間を作るような関係にはなりたくない。


これは友人関係に限った話じゃないけど、物事は義務になった途端その価値が低くなるように感じる。自発的にやるから感じられる価値がある。

他の大事なことを犠牲にしてまで定期的に会わないと保てないような関係であれば、私は相手を友達だと認識できない。しばらく会わない時期があっても関係が続くのが友達だと思ってる。


別に友達を崇高な存在だと言いたいわけではない。たまには相手の愚痴を言うことがあっても良いし、お互いに相手の知らない部分があったって良いと思う。相手のことをどれだけ知っているかということと仲の良さというのは必ずしも比例するものではない。
仲が良い友達だからこそ、負担になるような時は無理して会う必要はないし、その分久しぶり会えた時は嬉しい。
これはあくまで私の理想だから、親い人のなかでも違う考え方の人がいるとは思う。仲の良い友達と考え方に相違があるというのは自分にとって結構プラスになると日頃から感じてるけど、そこを負担に感じてしまうような相手がたまにいる。そういう相手とは距離を置くのが賢明かもしれない。

そもそも友達ってなんだろうとか考え始めるとキリがないし、それ以前に友達なんてものはこうして言葉で色々考えて定義付けするようなものではないのかもしれない。