気持ちに身体が追いつかない

自分のことは自分にしか分からないし感じ方は人それぞれだから同じ感覚を人と共有するということは不可能なんだと気付いた。

人の言うことを無闇に信用したらいけない。例えその人が自分にとって信頼できる相手であったとしても。
自分と相手の間にある感覚の違いははかりようがないから。どんなに巧みに言葉を用いても完全には再現できないものだから。

なんて生きづらい世の中なんだと感じるけど、他人との感じ方の違いを正確にはかることができたら今よりも更に生きづらい世界になるかもしれない。

結局、他人の全てを理解することができない方が人間にとって好都合なんでしょう。